ワンオクのtomoyaは専門学校のESP出身!初バンドは高校時代


ONE OK ROCKのドラム、tomoya。彼がesp専門学校の出身というのは有名な話ですね。そして、高校時代に初めてバンドを組まれたようですが、そこから音楽にのめり込みすぎて勉強が疎かになっていったんだとか笑。

専門学校ESPを出身

スクリーンショット 2014-04-04 13.54.56
出展:ESP公式サイト

出身アーティスト一覧には、しっかりとtomoyaさんが紹介されていますね。激しくドラムを叩いている様子がカッコいい。…まぁ、画像があまり大きくなかったので最初は彼に気づかず下までスクロールしてしまいましたが笑。

 

「もう少しドーンと載っけてくれたらいいのに」なんて思っちゃいました。でも、わりと上の方だったので嬉しかったですけどね。…とりあえずEXILEのATSUSHIさんがデカすぎてビビった。でも彼だったらデカく載せたくなる気持ちも分かる笑。

 

やはり、卒業生に有名なミュージシャンが多ければ多い程、「俺もここに入学してプロを目指すぞ!」と憧れる方も多いのかもしれませんね。まぁ、卒業生の意見等を聞いていると、そんなに現実は甘くないようですが。

 

でも実際に活躍されている人もいらっしゃるわけで、覚悟を決めて夢を追っている方々は本当に凄いなーと尊敬します。やはり、そのぐらいの気合いがあったからこそ、音楽の道で成功されているのかもしれませんね。
 

Sponsored Link

 

初めてバンドを組んだのは高校時代

19855797
出展:prcm.jp

さて、専門学校を無事卒業され、今ではバリバリ活躍されているtomoyaさんですが、彼が初めてバンドを組んだのは高校に入ってからのようです。

 

高校行ってバンド組んでから、勉強とか一切しなくなって。上から5番だったのが、真逆で下から5番目になっちゃったんです(笑)
出展:musica-net.jp

おそらく、勉強どころではなかったのでしょう笑。中学、高校生になったら、やはりバンドには憧れますもんね。文化祭で演奏すれば「キャーキャー」言われるし、実際にモテてましたもんね。(←友人の話ですが笑)

 

中学校の時に吹奏楽部に入ったんですよ。で、パーカッションをちょいちょいやり初めて。

ちなみに、「ドラムを始めたのは中学から」とのこと。この時に基礎練習をみっちり行ったそうです。そして、「それが今に生きている」と。このように、12〜15才の時に楽器を触ったのにもかかわらず、ちゃんと基礎を学ぶところが偉いなと思います。

 

何故なら私も中学でギターを初めて触ったんですが、私の場合はひたすら”自分がカッコいいと思うフレーズ”しか弾いていませんでした笑。基礎を全くやってなかったんで、変な癖がついてしまって後々かなり苦労したことを覚えています笑。

 

それとは違い、tomoyaさんは「中学で基礎」→「高校で初バンド」→「専門学校」と、一つ一つの段階をしっかりと踏んでいったからこそ、現在のような素晴らしいパフォーマンスをすることができているのかもしれませんね。

まとめ

というわけで話をまとめると、

”ワンオクのtomoyaは専門学校ESPの出身。中学でドラムを始め、高校で初バンドを組んだ。そしてその後、成績ががた落ちした。”

 

と、このようになりました。…最後のは、いらなかったかも笑。まぁしかし、自分の夢を諦めずやり続けた結果、今の彼があるわけですからね。これからも色んな壁があるかもしれませんが、是非乗り越えていっていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。