ONE OK ROCKのtakaは中学の時に英語留学をしていたのだろうか!


ONE OK ROCKのヴォーカル、Taka。やはり彼は英語が上手いですよね。私がこのバンドを知ったのは、友人から勧められたのがきっかけ。借りたアルバムを初めて聴いた時、ヴォーカルの英語の上手さに驚いたことを覚えています。

英語の歌詞をペラペラと唄う!

 

「え?ヴォーカルは外人さんですか!?」…みたいな(笑)

 

しかしおそらく、そのような衝撃を受けた人も少なくはないでしょう。例えば、YouTubeにアップされている彼らの7thシングル「The Beginning」。この動画のコメント欄を観ると、世界各国からコメントが寄せられていますが、「え?日本人だったの?」という意見もちらほら。

 

そりゃあ、本場の方達が勘違いするぐらいですから、我々日本人が驚くのも仕方がありません。…といっても、私は英語の知識は皆無なので、ある程度上手いレベルの人であれば「スゲー!」と感動するタイプなのですが(笑)

 

では、何故Takaはあんなにも流暢に英語の歌詞を歌うことが出来るのでしょうか?

 

現在、英語を学ばれている方なら特に、その秘密が気になるのではないかと。それでなくとも、今後英語のスキルは様々な分野で必要になってくるわけで、何かしらそのヒントを私は見つけたいわけであります。
 

Sponsored Link

 

英語留学していたのか?

ONE-OK-ROCK14
出展:thisisenglish.jp

 

というわけで、情報収集の為ネットをググッてみると、「留学していた」等というコメントがちらほら。しかし逆に「留学はしておらず、学校で学んだ」という意見もあり、様々な情報が飛び交っている様子。

 

皆さん気になってはいるようですが、どれが本当か見極めるのが難しいような感じ。しかし個人的に「一番信ぴょう性がありそうだ」と感じたのはコチラのコメント。

 

taka自身が「ほんのちょっとだけ向こうに留学しに行ってましたけど、英語は喋れません」とスカパーで放送されたデビロックナイトのトークコーナーでMCのスピードワゴンとマギーちゃんに説明してました。
出展:ヤフー知恵袋

 

どうやら、留学していた時期があるにはあるようです。しかし、ほんのちょっとだけとのこと。少ない期間であれだけ上手くなるとは考えにくいですが、一応、留学していたのは事実みたいですね。

 

Takaが慶應義塾湘南藤沢中学に通っていたのは有名な話ですが、こちらの学校は英語教育に力を入れています。そして海外に提携している学校があり、国際交流を目的に短期留学が行われているようです。

 

Takaが「ほんのちょっとだけ」と付け加えていますので、もしかするとこの中学時代に短期留学を経験されたのかもしれませんね。

まとめ

というわけで話をまとめると、やはりTakaは留学していたようです。しかしほんの数ヵ月間とのことで、「留学が理由で英語の歌詞をペラペラと歌えるようになった」というのには直結しないと思える。

 

謎が一つ残りましたが、これについてはまた別の記事で見ていこうと思います。そして現在、海外ツアー真っ最中のワンオクですが、更に実力をつけて帰ってくるのではないでしょうか。

 

もっとも、今以上にTakaが英語を上手くなったとして、もはや私には全く違いがわかりませんが(笑)それでも更なる成長が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。