あなたは、「オールインワンジェル」という化粧品をご存知でしょうか?

この記事では、

  • オールインワンジェルとは一体何なのか?
  • どんなメリット・デメリットがあるのか?
  • どんな人におすすめなのか?

これらについて見ていきます。それではまいりましょう。

オールインワンジェルとは

オールインワンとは、英語で書くと「all in one」です。日本語で訳すと、「複数の機能が1つにまとめられている」という意味です。

オールインワンジェルとは、

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • 保護クリーム

といった、複数の基礎化粧品の機能を持つジェル状の化粧品の事です。

オールインワンジェル1つでたくさんの役割を果たしてくれるので、日々の面倒なスキンケアに掛かる時間が短縮されます。

そのため、仕事や家事で忙しい女性を中心に人気があります。

オールインワンジェルのメリット・デメリット

オールインワンジェルのメリット・デメリットの両方を見ていきましょう。

メリット3つ

オールインワンジェルのメリットは3つです。

  1. 時間短縮できる
  2. お金を節約できる
  3. お肌に優しい

それぞれ見ていきましょう。

1.時間短縮できる

 

オールインワンジェルとは」の項でも少し触れましたが、オールインワンジェルには時間短縮のメリットがあります。

通常のスキンケアは時間が掛かる

通常、スキンケアを行う場合は、

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. 保湿クリーム

という4つのステップで、それぞれ順番に別々の化粧品を使う必要があります。

場合によっては4つ以上のステップが必要な化粧品もあり、いずれにせよスキンケアに時間が掛かってしまうのが難点でした。

オールインワンジェルは1ステップで全て完了

しかし、オールインワンジェルは、上記で挙げた機能を全て兼ね備えています。

オールインワンジェルを使用することで、

  • 肌を保湿する
  • 肌に栄養を与える
  • 肌を保護する

といった作業が必要無くなるので、とても時間短縮になります。

家事が忙しく、なかなか時間が取れない朝や、仕事で疲れて帰ってきてからの面倒なスキンケアが、オールインワンジェル1つで補えるのは大きなメリットです。

2.お金を節約できる

 

オールインワンジェルは、化粧品代を節約できるので、お財布に優しいといったメリットがあります。

オールインワンジェルを使うことで、

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. 保湿クリーム

これらの基礎化粧品が必要無くなるためです。

コスパが良い

通常、基礎化粧品を全て揃えた場合、1万円以上は掛かってしまいますが、オールインワンジェルは1万円以下で購入できます。

オールインワンジェルを毎日使用した場合、無くなるまでに1〜2ヶ月は掛かるので、とてもコストパフォーマンスに優れています。

ライン使いを気にする必要が無い

通常の化粧品であれば、ライン使いを気にされる方も多くいらっしゃいますが、オールインワンジェルを使用する場合はライン使いを気にする必要がありません。

そもそもライン使いとは、化粧品を同じブランドのもので統一することでスキンケア効果をUPさせる使用方法のことを指します。

ライン使いのデメリットとしては、化粧品を同じブランドで揃える必要があるので、やはりコストが掛かってしまう点です。

オールインワンジェルであれば、1つで済みますので、ライン使いを気にする必要がありません。

3.お肌に優しい

 

オールインワンジェルは、お肌に優しいというメリットがあります。

通常、スキンケアを行う場合、手やコットンを何度も使いながら化粧品をお肌に塗り込む必要があります。

しかし、化粧品を塗り込む際、摩擦による刺激がお肌にダメージを与えており、何度も塗り込めば塗り込むほど、その分お肌に負担が掛かっています。

摩擦で炎症が起こった場合、それがシミの原因になってしまうこともあるため、そういったお肌のトラブルを防ぐためには、なるべく優しくスキンケアを行う必要があります。

オールインワンジェルであれば、1ステップでスキンケアが完了しますので、その分お肌に掛かる負担を減らしてくれます。

デメリット2つ

オールインワンジェルのデメリットは以下の2つです。

  1. 1つ1つの効果が平均並み
  2. 効果を調整できない

それぞれ見ていきましょう。

1.1つ1つの効果が平均並み

 

オールインワンジェルは、複数の効果があるものの、それぞれの効果が並みといったデメリットがあります。

ライン使いを気にする必要が無い」の項では、化粧品を同ブランドで揃えるよりも、オールインワンジェル1つで済むのでコスパが良いとお伝えしました。

ですが、オールインワンジェルの効果はそれぞれ平均的なため、効果の効き目を優先するのであれば、値段は掛かりますが同ブランドでそれぞれ化粧品を揃えた方が良いでしょう。

2.効果を調整できない

 

オールインワンジェルは、お肌の調子に合わせて効果を調整できないというデメリットがあります。

お肌の調子は一年を通して一定ではありません。

例えば、季節の変わり目は肌が乾燥しやすくなりますし、日々のストレスによっても肌の状態は変化します。

そのため、化粧品を複数持っていれば、

  • 乾燥しやすい日は保湿クリームを多めに塗る
  • 紫外線が強い日はUVクリームを多めに塗る
  • 小ジワが目立つ日は、美容液を多めに塗る

といった調整ができます。

オールインワンジェルは複数の機能は持っているものの、それぞれの効果が平均並みであるため、オールインワンジェル1つだけでは、目的に合わせた調整ができないのがデメリットといえます。

対策方として、肌が乾燥しがちな方は保湿クリームを別途用意する、小ジワやシミが気になる人は美容液を別途用意する等、肌のコンディションに合わせて他の化粧品を合わせることで解決します。

結論:目的に合った使い方がおすすめ

いかがだったでしょうか?

便利でコスパに優れているオールインワンジェルですが、1つ1つの効果は平均的なため、目的に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

例えば、

  • なかなか時間が取れない日はオールインワンジェルで済ませて、休日はしっかりスキンケアを行う
  • 旅行をする際は、たくさん化粧品を持っていくと持ち物がかさばるので、オールインワンジェルを使う
  • ライン使いをするとコストが掛かるので、オールインワンジェルと併用して化粧品を長持ちさせる

など、あなたの目的に合わせて使用してみてくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。