フードの付いたデザインがラフでかわいいパーカー。

カジュアルスタイルがお好きな方からは特に、根強い人気を誇るアイテムですよね。

スポーティーなイメージが強いパーカーですが、実は様々なテイストのスタイルにマッチする便利なアイテムなんです!

今回はパーカーをお洒落に着こなすコーディネートのアイデアと、パーカーを探すなら絶対にチェックしてほしいおすすめのブランドをご紹介しようと思います。

かわいくて機能性抜群!オールシーズン大活躍のパーカー


エアリーコンパクト裏毛プルパーカー

パーカーとトレーナー(スウェット)はよく似ているため混同されがちですが、正式にはトレーナー=伸縮性のあるスウェット生地でできた、襟・袖・裾にリブ編みが施されたトップスのこと。

そしてパーカーは、トレーナーにフードが取り付けられたデザインのものを指します。

フード部分には紐が通されており、フードのサイズ調節が可能。

お腹に便利なポケットが付いているのも特徴です。

またフロントがジッパー式になっているジップアップパーカーは羽織りとしてオールシーズン重宝することもあり、その高い機能性で老若男女を問わず高い人気を集めています。

今回はパーカーを使ったコーディネートをご紹介する前に、まずパーカーが長く愛され続けている理由を3つ、ご紹介させていただきたいと思います。

ラフでスポーティーなイメージ


バイオ裏毛パーカー

英語では「hoodie(フーディー)」と呼ばれ、特にアメリカのストリートシーンでは絶大な人気を誇るパーカー。

その最大の魅力は、肩肘張らず気楽に着られる、ラフでスポーティーなイメージなのではないでしょうか。

カジュアルなスウェット素材、背中に垂れるフード、両手を突っ込めるポケット……。

休日、リラックスして着るのにぴったりのデザインですよね。

着まわし力◎年間を通して大活躍


バイオ裏毛パーカー

スポーティーなイメージの強いパーカーですが、カジュアルMIXが一般的になった昨今、様々なテイストのコーディネートに取り入れてお洒落を楽しむ方も増えてきています。

カジュアルな素材感とデザインでこなれ感をプラスできるので、きれいめスタイルに取り入れてみるのもおすすめですよ。

またパーカーの中でも特に馴染み深いのは、フロントがジッパー式になっているジップアップパーカー、という方が多いのではないかと思います。

春と秋には軽い羽織りものとして。

夏は薄手のものを選んで水着の上から着たり、UV対策に。

冬はコートの中に着てあたたかく。

年間を通して着用機会の多いアイテムなので、持っていて損はありません。

選べるカラーバリエーション


【ROSEanna/ローズアンナ】サイドラインスウェット

カラーバリエーションの豊富さも、パーカーの魅力。

年齢・性別を問わず着こなしやすい白・黒・グレーはやはり人気があります。

ネイビーやブラウンを選べば、ベーシックですが垢抜けてお洒落な雰囲気に。

ビビッドカラーやパステルカラーなど色味のあるものも多数発売されているので、コーディネートに合わせて差し色を選ぶのも楽しいと思います。

パーカーの人気色3つ

グレー(灰色)


チュニックパーカー

パーカーの定番色、グレー。

カジュアルでリラックスした雰囲気のコーディネートにはもちろん、きれいめなスタイルにも違和感なく馴染みやすいので、着まわし抜群の優秀カラーだと思います。

また一口にグレーといっても、明るい印象のライトグレーからシックなダークグレー、茶色がかったチャコールグレイなど様々な種類がありますよね。

パーカーでは杢(モク)グレー、または霜降りと呼ばれている、濃淡二色の糸をより合わせて編むことによって独特のニュアンスを出したグレーがあり、こちらも大変人気です。

是非、お好みのグレーを探してみてくださいね。

カーキ(緑)


コットンダブルジップパーカー

トレンドを意識した着こなしを楽しみたい方におすすめのカーキ。

ナチュラルなアースカラーは、取り入れるだけで簡単にこなれた雰囲気をプラスしてくれます。

またカーキのくすんだ色味はどんな色ともケンカせず、合わせる色を上手に引き立ててくれるため、赤や黄など主張の強い色と合わせるのもおすすめ。

全体のコーディネートを調和させる名脇役になってくれます。

黒(ブラック)


デイリーカラーショートフーディー

コーディネートを引き締めてくれる、クールなブラック。

パーカーで取り入れれば程良くカジュアルで格好良くキメすぎない、抜け感を残した今っぽい雰囲気が簡単に手に入ります。

モノトーンでコーディネートしやすく、着こなし次第で様々なテイストに落とし込むことができるので、一枚持っていると便利なアイテムです。

グレー(灰色)パーカーの着こなし方5選

グレーの濃淡で作るモノトーンスタイル


エアリーコンパクト裏毛プルパーカー

グレーの濃淡を楽しむワンカラーコーディネート。

ジャストサイズが女性らしいライトグレーのパーカーに、マニッシュな印象のダークグレーのスラックスを合わせています。

シンプルなモノトーンスタイルですが、グレーのグラデーションを取り入れたことでぐっと垢抜けた雰囲気に。

靴とバッグはシンプルなデザインのブラックを選んで、全体の印象を引き締めるのがおすすめです。

ボーダー×デニム×パーカーできれいめカジュアル


コットンジャージー パーカ

ピッチの細いボーダーTにデニムを合わせたカジュアルの大定番コーディネート。

そこにコンパクトサイズがかわいいグレーのジップアップパーカーをプラスすることで、きれいめな雰囲気にシフトしています。

誰からも好かれる、好感度の高いスタイルです。

ロング丈パーカーはミニワンピと相性◎


ボンディングフードロングパーカー

カジュアルスタイルが苦手な方にもおすすめしたい、フードと襟が一体化したデザインのロング丈パーカー。

ミニ丈のワンピース+ストラップシューズに合わせれば、女の子らしい雰囲気のコーディネートになります。

ポケットに施されたビーズ刺繍もポイントです。

レディなスタイルをカジュアルダウン


ニットパーカー

モノトーンでまとめた女性らしいコーディネートにパーカーをプラスして少しカジュアルな雰囲気に。

明るいライトグレーなら全体の調和を乱すことなく、レディなスタイルによく馴染みます。

胸元がきれいに開いたブラウスで鎖骨を、袖をまくって細い手首を、膝下丈のスカートで足首を見せることで華奢な印象を与えられるコーディネートです。

クロップド丈のパーカーで脚長効果を狙って


CLANE シャギーバックギャザーショートパーカー

ブラック・グレー・ホワイトでまとめた潔いモノトーンのコーディネート。

クロップド丈のパーカーを選んでハイウエストのワイドパンツに合わせることで脚長効果が期待できます。

足元はホワイトスニーカーでカジュアルに。

カーキ(緑色)パーカーの着こなし方5選

カーキのパーカーを主役にしたシンプルコーデ


30/20 ミニウラケパーカー

無地のスカートとシンプルにコーディネートするだけでお洒落なカーキのパーカー。

ホワイト×ネイビーの色合わせが爽やかなトートバッグとスニーカーを合わせれば、垢抜けたフレンチカジュアルスタイルの完成です。

手首と足首の素肌を見せることで女性らしさをプラスして。

ロゴパーカーをアメリカンガール風に


BIGカレッジロゴプリントパーカ2

大きなロゴのデザインパーカーも、カーキを選べば子供っぽくなりません。

チェック柄のスカート+ベレー帽を合わせれば、アメリカ映画に出てくるような女学生風のコーディネートに。

パーカーはオーバーサイズを選び、袖をまくって手首を出すのが今っぽく着こなすポイントです。

マウンテンパーカーでボーイズライクなカジュアルスタイルを楽しむ


マウンテンパーカー

ボーイズライクな雰囲気がかわいいカーキのマウンテンパーカーは、デニムに合わせてカジュアルに着こなすのがおすすめです。

アウトドアなイメージが強いマウンテンパーカーを街で着るなら、襟のあるシャツやヒール靴でレディな要素も忘れずに。

アウトドアのアクセントが効いた、お洒落でバランスの良いカジュアルスタイルになります。

ワンピース×パーカーで作るリラックススタイル


スウェットパーカー

鎖骨をきれいに見せるVネック&ふんわりシルエットがかわいいグレーのワンピースにカーキのジップアップパーカーをさっと羽織ったリラックススタイル。

渋めカーキのパーカーは、フードに付いたナチュラルな風合いの平紐がポイントになっています。

足元はブラックのレザー×辛口なデザインのサンダルで引き締めて。

シックな配色のコーディネートもパーカーならカジュアルに


裏起毛フーデットパーカー

大人っぽい雰囲気のブラックのプリーツスカートも、カーキのパーカーを合わせればお洒落さを残しつつカジュアルダウンすることができます。

シンプルなアイテム同士でコーディネートする時、チェックしたいのはサイズ感とシルエット。

程よいゆとりのあるサイズのパーカーはアーム細め・着丈長めを選ぶとマキシ丈のプリーツスカートと相性◎

モードなバランスで格好良く着こなすことができます。

ブラック(黒色)パーカーの着こなし方5選

スポーティーなロゴパーカーを大人っぽく


Champion シシュウロゴオーバーパーカー

スポーツブランドのロゴがかわいいブラックのパーカーはベージュのタイトスカートと合わせて大人っぽくコーディネート。

足元は素足にネイビーのローテクスニーカーでカジュアルな抜け感をプラスすると今っぽい雰囲気になります。

ハイウエスト×ブラックのパーカーでスタイルアップ


ZIPパーカー

ホワイトトップスにカーキのハイウエストワイドパンツを合わせた、シンプルでカジュアルな組み合わせ。

これだけでも格好良いですが、ブラックのパーカーをプラスすることでコーディネート全体が引き締まり、スタイルアップ効果を期待できます。

足の甲がきれいに見えるデザインのパンプスを合わせるとさらに女性らしく、洗練された雰囲気になりますね。

ブラックパーカーが主役の潔いモノトーンコーディネート


裏起毛フーデットパーカー

ジャストなサイズ感のブラックパーカーにホワイトのプリーツパンツを合わせた潔いモノトーンコーディネート。

足元はブラックのポインテッドトゥシューズを選ぶと大人の女性らしさがプラスできます。

カジュアルなイメージのパーカーをモードな雰囲気で着こなすのは、ブラックパーカーならではの楽しみ方ですよね。

オールブラックコーデもパーカーなら挑戦しやすい


フードパーカ

ハードル高めなオールブラックのコーディネートも、カジュアルアイテムの代表格、パーカーを使えば気軽に挑戦することができます。

大きなフードとスリットデザインがモードなブラックパーカーは透け感のある素材のプリーツスカートに合わせて女性らしい雰囲気に。

足元は素足にウイングチップのダンスシューズで軽やかさを演出するとさらにお洒落に決まります。

レトロな花柄アイテムとも相性◎


30/20 ミニウラケパーカー

優しいペールオレンジのフレアスカートにブラックパーカーを合わせた甘辛MIXコーディネート。

靴とバッグをブラックで統一することでスカートのかわいらしさをさらに引き立て、まとまりのあるコーディネートになります。

スポーティーなアイテムやテイストが苦手な方にも是非挑戦してほしい、おすすめの着こなしです。

季節別♡パーカーのおすすめコーディネート

春のパーカーコーデ5選

ホワイト×オレンジで思いきり春らしく


フレアースリーブパーカー

袖口と裾のリブがあえて付いていないデザインのホワイトパーカーにビビッドオレンジのスカートを合わせたカジュアルなコーディネート。

ピュアな印象のホワイトと目の覚めるようなオレンジが春の街並みに映えます。

足元はホワイトソックス+ベージュのバレエシューズでレトロなテイストをプラスして。

淡いブルーのデニムを引き立てる爽やかなホワイトパーカー


スウェットジップパーカー

春に履きたい色落ちした淡いブルーのワイドデニム。

ニュアンスのあるグレーのTシャツにホワイトのジップアップパーカーを羽織れば、全体の調和がとれた大人っぽいカジュアルスタイルが完成します。

ホワイトを基調にした小物を合わせて爽やかにまとめるのもポイントです。

光沢のあるサーモンピンクのスカートを主役に


袖ボリュームジップアップパーカー

光沢のある軽やかな生地感が目を惹くサーモンピンクのスカートは白T+グレーのジップアップパーカーでこなれた印象の春スタイルに。

パーカーは袖にボリュームのあるデザインを選ぶと女の子らしい雰囲気になります。

足元はあえてマニッシュなデザインのローファーで外すのもお洒落です。

くすみピンクのパーカーは優しげベージュと相性◎


裏毛BIGパーカー

春といえばピンク!ですが、かわいらしいイメージで苦手な方も多いですよね。

そんな方でも取り入れやすいのが、くすみピンクのパーカー。

優しげなベージュのプリーツスカートと合わせればカジュアルすぎず、ナチュラルな雰囲気で着こなせます。

キャスケットやボリューム感のあるブーツなど、小物で遊ぶのも大人っぽく着こなすポイント。

ロゴパーカー×イエローのスカートで元気なイメージに


フリースジップフロントフーディ

ぱっと人目を惹くイエローのプリーツスカートは春にこそ挑戦したいアイテム。

トップスにはミントグリーンのロゴがかわいいパーカーを選んで、とことん元気に着こなすのがおすすめです。

足元はブラックのアンクルブーツで全体の雰囲気を引き締めて。

夏のパーカーコーデ5選

ネイビー×ホワイトで作る夏の定番マリンスタイル


ニットパーカーカーディガン

マリンテイストのボーダーTを取り入れたネイビー×ホワイトのコーディネートは夏の大定番ですよね。

そこでお出掛けの際、日除け&UV対策にプラスしたいのが、薄手のニット素材でできたネイビーのパーカー。

腰骨まで隠れる長さのパーカーを羽織ることでスタイルアップ効果も期待でき、一石二鳥です。

ノースリーブタイプのパーカーでクールに

夏ならではのパーカーをお探しの方は、見た目も涼しげなノースリーブタイプを選ぶのがおすすめ。

スポーティーなグレーなら、ブラックのデザインスカートやグレーのスニーカーを合わせるだけで、クールな夏のモノトーンスタイルが完成します。

冷房対策にもおすすめのジップアップパーカー


【UVケア仕様】裏毛 パーカー

夏、「冷房の効いた室内が寒い」と言われる方も多いのではないでしょうか。

そんな時にも役立つのがジップアップパーカーです。

スウェット素材でシワになりにくいので、バッグに忍ばせるのもおすすめ。

その日のトップスに合わせて色を選ぶのもキュートです。

ノースリーブタイプのパーカーをスカートにインしてスタイル良く


ウラケ ノースリーブ フーディー

コンパクトなサイズ感がかわいいチャコールグレーのノースリーブパーカー。

ハッピーなイエローのスカートにインして夏らしくラフに着こなすとお洒落です。

足元はスリッポンでカジュアルに。

オーバーサイズのノースリーブパーカーをワンピース風に

お尻まで隠れるオーバーサイズのノースリーブパーカーはワンピースとして、細身のパンツとレイヤード。

ブラック×ベージュのシックな色合わせがお洒落に着こなすポイントです。

足元もレディなハイヒールで抜かりなく。

秋のパーカーコーデ5選

秋らしいエンジ色のパーカーを主役に


LEE LOGO HOODIE

さりげないロゴがかわいいエンジ色のパーカーをベージュのタイトスカートに合わせて秋らしい配色のコーディネートに。

コーデュロイ素材のスカートを選ぶことが季節感を出すポイントです。

足元はブラックのハイカットスニーカーでカジュアルに。

チェックシャツ+ジップアップパーカーで作る大人のアメカジスタイル


ニットフードパーカー

知的なブルーのチェックシャツにこっくりしたオレンジのパーカーを羽織ったアメリカンカジュアルスタイル。

ボトムにはネイビーのクロップド丈パンツを合わせ、秋ならではの色合わせを楽しむのがおすすめです。

丸フレームの眼鏡や存在感のあるイヤリングをプラスするとさらにレトロな雰囲気を演出することができます。

カジュアルなライトグレーとレディなワインレッドのバランス


ウラケフード付プルオーバー

カジュアルな印象の強いグレーのパーカーにレディなワインレッドのスカートを合わせた絶妙なバランスのコーディネート。

パーカーのフードに付いた紐とブーツ、バッグのカラーをブラックでリンクさせることが全体の雰囲気を大人っぽくまとめるコツです。

ファー素材のバッグチャームでトレンド感をプラスするのもおすすめ。

ピンクとベージュをルーズに着こなす


リラクシー裏毛スウェットパーカー

ゆったりとしたサイズ感のピンクのパーカーにベージュのワイドパンツを合わせた優しい配色のコーディネートはルーズなシルエットが魅力。

かわいらしいイメージのピンクもルーズなシルエットで着こなすことで大人っぽく垢抜けた印象になります。

ボリューム感のあるレトロなキャスケットやグレーに近いラベンダーパープルのパンプスで外国人風の要素を取り入れるのもキュートです。

生成り色のロゴパーカーはブラウンスカートで大人っぽく


ボリュームスリーブロゴスウェット

赤いロゴがかわいい生成り色のロゴパーカーにはブラウンの膝下丈スカートを合わせてナチュラルな雰囲気のカジュアルコーデに。

秋に持つワンハンドルバスケットやファー素材のリボン付きサボなど、小物で遊び心を取り入れるとこなれた印象になり、さらにお洒落です。

冬のパーカーコーデ5選

ロングパーカーをアウター代わりに


EC限定パーカー

アウター代わりに使えるロングパーカー。

ボーダーT×チュールスカートのカジュアルガーリーコーデにプラスするとバランス良くまとまります。

足元はソックス+ツートンカラーのおでこ靴で外国の女の子のような雰囲気に。

コンパクトサイズのパーカーはセットアップのインナーにもおすすめ


デイリーカラーショートフーディー

チェック柄のダブルジャケットとタックパンツのセットアップはトラッドな雰囲気で冬の街によく映えます。

きれいに着こなすのはもちろん格好良いですが、インナーにコンパクトなサイズ感のパーカーを合わせてハズすのも今っぽくおすすめ。

差し色には靴とバッグでビビッドなレッドを取り入れて、ドラマティックに着こなすとさらにお洒落です。

ベロア素材のブラックパーカーは冬にぴったり


【WEB限定】ベロアパーカー

冬に取り入れたい素材といえば、上品な光沢が魅力のベロア。

カジュアルなパーカーもベロア素材になると少しよそ行きの顔になります。

たっぷりと布量を使ったブラウンのギャザースカートやブラックのレザー小物と合わせて大人っぽくコーディネートすると素敵です。

裏ボアパーカーなら寒い日もあたたかく


裏ボアジップパーカー

裏地がもこもことしたボア素材になったパーカーなら、寒い日もあたたかく過ごすことができそうですよね。

アイボリーのハイネックトップス+ダメージデニムのシンプルカジュアルコーデに合わせるなら、ナチュラルな雰囲気のブラウンがおすすめ。

ニット素材のバッグやスエードのモカシンをプラスすれば、冬ならではのコーディネートを楽しめます。

グレーのパーカーをウールコートのインナーに


コンパクトフーディー

レディなイメージが強いホワイトのウールコートですが、少し気分を変えたい時にはインナーをパーカーにしてみるのがおすすめ。

ニュアンスのある霜降りグレーを選べばちぐはぐな印象にならず、上品にまとまります。

大人の遊び心を忘れずに、レトロなチェック柄バッグをプラス。

価格帯順♡パーカーのおすすめブランド5選

URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチドアーズ)


URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチドアーズ)のアイテム一覧

年齢層:20代〜30代
価格帯:540円〜102600円

大人気のセレクトショップURBAN RESEARCHが提案する、「心地よさ」にこだわったライフスタイルウェアを発信するブランド、URBAN RESEARCH DOORS

日々の生活に寄り添うシンプルなアイテムが揃うため、幅広い層からの支持を集めるショップです。

上質な素材で長く着られる、ベーシックなデザインでのパーカーをお探しの方は是非チェックしてみてください。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティーアンドユース ユナイテッドアローズ)


BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユースユナイテッドアローズ)のアイテム一覧

年齢層:20代〜30代
価格帯:648円~108000円

国内有数のセレクトショップUNITED ARROWSの人気ラインBEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

スタンダードなスタイルをベースにさりげなくトレンドを取り入れたアイテムが多数ラインナップされ、お洒落や流行に敏感な方の注目を集めています。

パーカーひとつとってもベーシックなデザインのものから少し珍しいカラーリングのもの、一癖あるデザインのものなど種類豊富に取り揃えられているため、自分だけのお気に入りを探す際には是非チェックしてほしいショップです。

haco!(ハコ)


haco!(ハコ)のアイテム一覧

年齢層:10代〜30代
価格帯:756円〜25920円

haco!はナチュラルテイストのアイテムをメインに取り扱う通販専門ブランドです。

シンプルなデザインをベースにほんの少しだけガーリーなアクセントをプラスしたアイテムが数多く揃い、女の子らしいナチュラルスタイルを好む女性から長く頼りにされ続けている老舗でもあります。

女の子らしいカラーやデザインのパーカーをお探しの時には絶対におすすめのショップです。

Ray Cassin (レイカズン)


Ray Cassin (レイカズン)のアイテム一覧

年齢層:10代〜30代
価格帯:1026円〜49680円

Ray Cassinはナチュラルなベーシックスタイルをベースにトレンドやストリートのエッセンスを取り入れたアイテム展開で若い女性を中心に人気を集めているブランドです。

手に取りやすい価格設定のため、普段は着ない色やデザインに挑戦したい時にもおすすめ。

パーカーについてもシンプルながらこだわりを感じられる絶妙なカラーリングやトレンドを意識したシルエットのものが多数揃っているので、自分にとって新しいものに挑戦したい気分の時には是非覗いてみてくださいね。

Ray BEAMS(レイビームス)


BEAMS WOMEN(ビームス ウィメン)のアイテム一覧

年齢層:20代〜30代
価格帯:1296円〜124200円

セレクトショップBEAMS発のウィメンズブランドであるRay BEAMS

トレンドを意識したお洒落なアイテムが数多く取り揃えられている大人気のブランドです。

旬のデザインやシルエット、流行色を取り入れたパーカーをお探しの時には是非チェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カジュアルなイメージの強いパーカーですが、コーディネート次第で様々な着こなしが楽しめる便利なアイテムだと気付いていただけたら大変嬉しく思います。

是非、いつものスタイルにお気に入りのパーカーを取り入れて自分らしい着こなしを楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。